父の遣産を調べていたところ、昭和15年に死亡した祖父名義の山林の存在が判明したのですが・・・

「家督相続」により、比較的簡単に相続手続きを行うことができます。

昭和一五年に発生した相続ということですので、戦前の民法が定める「家督相続」により、比較的簡単に相続手続きを行うことができそうです。

家督相続とは、昭和22年5月2日までに発生した相続について、戸主(戸籍上の家の長のこと。現在の戸籍では「筆頭者」と呼ぶ)の地位を、次に戸主となる者が単独で相続する制度のことです。

代表的な例をあげれば、父に子どもが何人いたとしても長男が家督相続人となり、家の財産は長男がすべて当然に受け継ぐということです。

このように、前戸主の財産のすべてを受け継ぐ家督相続人は、家の財産を掌握して強い権限を持つ一方で、家族の面倒をみる立場にありました。この家督相続は、戦後の民法改正により廃止されています。

ところで、家督相続は必ずしも戸主の死亡によってのみ発生するわけではありません。隠居(戸主が家督を他の者に譲って隠退すること)、入夫婚姻(夫となる者 が女戸主である妻の家に入る婚姻等のこと)などによって、戸主の生前中に家督相続が発生することもあります。

家督相続は、原則として長男がすべてを相続することになりますが、長男がいない場合は前戸主の直系卑属(亡くなった長男の弟ほか)が家督相続人になるなど、明確なルールが決められていました。また、誰が家督相続人となったかについては、戸籍に記載されました。

したがって、おじい様の財産は戸籍謄本に記載された家督相続人が承継している可能性が高く、その場合には、遺産分割協議を経ずに家督相続人の名義に所有権移転登記をすることができます。

なお、昭和22年5月3日以降に発生した相続については、戦後の新民法が適用されることになりますので、相続発生日にご注意ください。