亡くなった父の葬儀費用の支払いに、香典と父の這産を充ててもよいですか?また、お墓の管理は誰が行うのですか?

喪主が受領した香典を葬儀費用に充てることは、何ら問題がありません。

香典は、葬儀の際に死者の霊前に供える金員であり、法律的には葬儀の主催者(喪主)に対する贈与と考えられます。 香典を供する参列者としては、死者への供養という面と、残された家族へのお見 舞いという面の双方の思いをお持ちだと思いますが、一般に、葬儀には相当程度の 費用が必要なことは周知されていますので、喪主が香典を葬儀費用の一部に充てることは想定されているものと考えられます。

したがって、香典は故人の財産ではなく、喪主が贈与を受けた喪主固有の財産と考えられますので、喪主が受領した香典を葬儀費用に充てることは、何ら問題がありません。

ところで、受領した香典が葬儀費用を下回る場合に、喪主がその不足分を他の相続人に対し請求できるのかという点が争われた裁判例があります。この事案では「相続の開始後に発生した葬儀費用は、相続債務に該当しない」と判断されています。

葬儀はあくまで、喪主が計画を立てて主宰するものであり、不足分が生じた場合には喪主自身が負担すべきという結論が示されているのです。したがって、葬儀費用の不足分を遺産の中から支払うことは、相続人全員の同意がない限り認められないのが原則なのです。

また、お墓について民法は「墳墓の所有権は慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべきものが承継する」と定め、遺産とは明確に区別しています。祭祀承継者を遺言で指定することはできますが、遺言による指定がない場合は遺産分割協議の対象とはならず、家庭裁判所が定めることになっています。なお、遺骨やお墓の管理にかかる費用なども、すべて祭祀承継者に帰属するとされています。