相続の専門家である司法書士にお早めにご相談ください!

相続は被相続人(=財産を遺され他界された方)が亡くなったときから開始されます。

相続については、民法で細かい規定が定められていますが、実際は被相続人や相続人の意見を尊重することを優先して考えられています。このため、遺言書の有無や相続人全員の話し合いを重視しており、これによって相続の手続きも変わってきます。

トラブルを未然に防止するためにも相続が発生したら専門家である司法書士にご相談いただけると幸いです。

専門家の司法書士

初めて相続をする方からよくいただく3つの質問

考える女性
  • 相続って専門家に頼む必要があるの?
  • 相続手続きは相続人ご自身でもできます。

    ただ、ご注意いただきたいのが、相続に関する勘違いです。
    日々、相談をお受けしていると、意外と相続に関する勘違いが多いことに気づきます。

    例えば、法定の相続分でしか分けることができないと思っていらっしゃる方や、「平等」にあまりにこだわる結果、その後、土地の活用ができなくなり、相続のやり直しをされる方(この場合には、贈与税の対象となります)等、専門家に相談していただければ、ちょっとしたアドバイスでその後のリスクを回避できる場合がとても多いです。

    まずは、無料相談等を利用して専門家に相談されることをお勧めいたします。

  • なぜ、司法書士が良いのでしょうか?
  • 状況によって適切な手続きをご提案できるのが司法書士だからです。

    相続手続きには、金融機関での預貯金の解約の他に、相続放棄や相続登記などがありますが、相続放棄は家庭裁判所への申立て、相続登記は法務局へ申請する必要があります。

    司法書士は、相続手続きに関する書類作成及び申立・申請のプロです。
    相続に関する様々なアドバイスに加え、様々な書類の収集や作成を行ったうえで、管轄の家庭裁判所や法務局での手続きのお手伝いをすることが可能です。

    最近では、金融機関の預貯金等の解約手続きのご要望も増え、その対応もしています。相談者によって状況は異なります。
    状況の違いに沿って適切な手続きをご提案できるのが司法書士です。

  • 依頼する場合はどれくらいの費用がかかりますか?
  • 司法書士の報酬は、それぞれの事務所によって異なります。

    また、手続によって実費も異なります。

    まずは、無料相談等でご自身に必要な手続きを把握していただき、個別に司法書士事務所にお問い合わせいただくことをお勧めいたします。

相続が発生したら注意する3つのポイント

調べる・確認する

1.相続税の対象者ではないかの確認をする。

ご自身が相続税を支払う対象者かどうかの確認を行ってください。
※相続税が発生する場合には、10か月の期間制限があります。

相続放棄をするか否か

2.相続財産にはすぐには手をつけず、相続放棄をするか否かを検討する。

相続財産にはすぐには手をつけず、相続放棄をするかどうか検討しましょう。
※相続財産の処分をしてしまうと相続放棄ができなくなります。

遺言書

3.遺言書があるかどうか確認をする。

遺言書がある場合には、遺言書の内容が最優先されますので必ずご確認ください。

すぐにでも相談したい方

こちらから最寄りの司法書士を
お探しください。

相続の基礎知識

これだけは知っていただきたい
相続の基礎知識。

相続の疑問にお答えます。

あなたの相続の疑問、質問に
お応えします。