兄は亡くなった父から、生前に土地の贈与を受けていますが、遺産分割に際して考盧できないのでしょうか?

生前贈与を受けているお兄様の相続分は、法定相続分よりも少なくなります。

被相続人から遺贈や生前贈与を受けた相続人がいる場合、相続人間の公平性の 観点から、民法は「特別受益」と呼ばれる規定を設けて法定相続分を調整していま す。したがって、ご質問のケースでは、すでに生前贈与を受けているお兄様の相続分は、法定相続分よりも少なくなります。

特別受益とされるのは、①遺贈の全部、②「遺産の前渡し」としての性質を有する 生前贈与で、②の具体例としては、不動産などの高額な財産、事業開設資金、負債返 済資金などが挙げられます。同じ生前贈与でも、扶養の範囲内とされる金銭、遊興 費のための金銭などは特別受益には該当しないので、ご注意ください。

特別受益がある場合の法定相続分の計算方法

■被相続人の相続開始時の遺産が3000万円、相続人が兄弟

2人、兄が土地(時価1000万円)の生前贈与を受けていた場合

 

①相続時の遺産の総額十贈与による特別受益

3000万円十1000万=4000万円

=この計算を「持戻し」といいます

 

②各相続人の相続分を乗じた額(一応の相続分)

兄4000万円÷2=2000万円

弟4000万円÷2=2000万円

 

③具体的相続分

兄2000万円-1000万円=1000万円(※)

弟2000万円

 

※計算の結果、兄の具体的相続分がマイナスになったとしても、生前贈与が無効となって土地の返却を求められるわけではありません。