父が死亡しました。事業資金として数千万円の借入れがあり、相続放棄を勧められましたが、どのような手続きですか?

家庭裁判所に対し相続放棄の申述をしなければなりません。

相続放棄とは、その名のとおり相続人が遺産の相続を放棄することです。相続放棄をするためには、家庭裁判所に対し、被相続人の死亡を知った時から原則として三か月以内に相続放棄の申述をしなければなりません。なお、相続財産の全容が不明であるなど、三か月以内に相続放棄をすべきかどうかの判断ができない場合には、家庭裁判所に申し出てこの期間を伸長することもできます。

時折、遺産分割協議において何も遺産を取得しなかった場合に「放棄した」という方がおりますが、この場合の「放棄」は単に「遺産を相続しない」という意味にすぎず、ここでいう「相続放棄」とは違います。

相続放棄をした者は最初から相続人ではなかったものとみなされますが、単に遺産分割協議において遺産を相続しないというだけでは、相続人としての地位は変 わりません。むしろ、遺産分割協議をしたことにより相続を単純承認したこととな りますので、もはや相続放棄をすることはできないのが原則である点に、注意する必要があります。

お父様の借金については、相続放棄をすれば支払義務を免れますが、遺産分割協議で特定の相続人が借金を引き受け、あなたは一切引き受けないと定めたとしても、債権者の同意がない限り、あなたを含めた相続人全員が法定相続分にしたがって支払義務を当然に引き継ぐのです【参考:借金も相続されるの?】。 なお、相続放棄を検討されているのであれば、お父様の相続財産には一切手をつけないでください。仮にお父様の財産を消費してしまった場合、相続放棄が認められないことがあります。

また、生命保険金や年金など、相続放棄をしても受け取ることができる財産もありますので、専門家に相談しながら慎重に手続きを進められることをお勧めします。