相続が発生した場合、相続人が財産等を承継するかしないかの選択ができると聞きましたが、どのような態様がありますか?

相続が開始した場合、相続人は次の三つのうちのいずれかを選択することができます。

①単純承認・・・相続人が被相続人の土地の所有権等の権利や借金等の義務をすべて受け継ぐ方法

②相続放棄・・・相続人が被相続人の権利や義務を受け継がない方法

③限定承認・・・被相続人の債務がどの程度あるか不明であり、財産が残る可 能性もある場合等に、相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ方法

相続人が②の相続放棄または③の限定承認をするには、原則として、自分のために相続が開始したことを知ってから三か月以内に、家庭裁判所に対し相続放棄や限定承認をする旨の申述をしなければなりません。なお、限定承認は相続人全員でする必要があります。

この期間内に相続財産の一部を処分したり、相続放棄や限定承認の申述を行わなかったり、これらの申述をしたにもかかわらず相続財産を消費してしまったりした場合は、単純承認をしたものとみなされます。

なお、相続放棄をした者は、初めから相続人ではなかったことになります。例えば、被相続人の子だけが相続人であって全員が相続放棄をした場合、子全員は最初から相続人でなかったことになり、直系尊属(親等)が相続人になります。さらに直系尊属の全員が相続放棄をすると、兄弟姉妹が相続人になるのです。

ところで、相続人となっていても相続財産を受け取らないという場合と、相続放棄した場合とは全く意味が異なります。前者の場合は、プラスの財産は取得しないとしても、被相続人の借金は相続することになります。借金を受け継ぎたくない場合は、必ず相続放棄をしましょう【参考:遺産が債務超過!】